【ワイド節】

※ワイド ワイド ワイド 我(わ)きゃ牛 ワイド
全島一 ワイド

三京(みきょ)の山風 如何(いきゃ)荒さあても
愛(かな)しゃる牛ぐゎに 草刈らじうかりゅうめ

※※ウーレ ウレ ウレ 手舞(ま)んけ 足舞(すねま)んけ
指笛(はと)吹け 塩(ましゅ)まけ

ウーレ ウレ ウレ 我(わ)きゃ牛 ワイド
全島一 ワイド

※繰り返し

全島一(しまいち)なそちぞ 破(や)れ着物(ぎん)な着ちゅる
雨風しゃんても 牛ぬ飯米(はんめ)や忘れんな

※※繰り返し
※繰り返し

我きゃ思(う)め牛ぐゎぬ 技美(きょ)らさ見ちゃめ
眉間(まき)突け 角(つの)掛け 手先技見事

※※繰り返し
※繰り返し

子(くゎ)孫(まが)寄(ゆ)らとて 育(ほで)しゃる牛ぐゎ
今日(きゅう)ぬ晴場所 でィ さぁさ 頑張(きば)てんにょ
※※繰り返し

我きゃ牛 ワイド、全島一 ワイド
我きゃ牛 ワイド、全島一 ワイド…

(作詞 : 中村民郎 作曲 : 坪山豊 編曲 : 築秋雄)

【対訳】

1.三京の山風がどんなに荒く吹いても、
かわいい牛のために草を刈らずにはおられまい。

2.我が牛を島一番にさせようと 自分はボロを着て頑張ってる。
雨風吹いても牛の食べ物だけは忘れるな。

3.我が思いを込めて育てた牛の技の美しさを見たか?
眉間突きや角掛けの手先の技がなんと見事なことよ。

4.子孫一族寄って大きくしたこの牛の、
今日は晴れ舞台、さぁ さぁ! 頑張ってみよう。


歌詩集目次へ
トップへ

Copyright 2005-2017 (c) ULYSSES RECORDS All rights reserved.